​Looopについて

Looop

創業のきっかけは東日本大震災

Looop」(ループ)という企業名には「エネルギーを循環させる」という意味があり、3つの"o"は太陽光、風力、水力の3つのセグメントを表しており、自然エネルギーをもっと身近なところで活用してほしいという思いが込められてます。

東日本大震災が起きた当時、代表の中村創一郎を中心にボランティアで避難所などにソーラー発電所を設置して回り、被災者から非常に喜んでもらえたことで、「こんなに多くの共感が集まるのか」と、自然エネルギービジネスに可能性を感じたことから、Looopを創業。

​「Looopでんき」というブランド名で展開をしている電力事業では20万件の契約数を突破するなど、太陽光発電事業、省エネ事業を中心に展開するエネルギー会社です。

​Looopとルナアシスト

私たちがLooopと知り合ったのも震災がきっかけでした。熊本地震の際に、益城町のN様から、「エコキュートの倒壊でお湯が出ないから見てほしい?」との依頼で、すぐさま配管のつなぎ変えと基礎工事に行きました。

作業も無事に終わり、「震災に負けず頑張りましょう」とお客様を励まし、次の現場に向かおうとしたところ、実は太陽光の業者と連絡が取れずに困っているということで、広い納屋に設置された12Kwの太陽光発電の相談を受けました。

「真ん中から潰れた納屋に敷き詰められたパネル、パワコン、架台、ケーブル類を全て一旦撤去し、納屋の建て替えまで当社倉庫で保管して、建て替え後に再度載せ替える」作業を頼めないだろうかと相談を受けたのですが、当初はかなり悩みました。

懸念は、「初めての解体作業で、もし工事班が怪我をしたら…」と心配を拭えなかったからでした。しかし、たまたま別の現場で地震当日に東京から太陽光パネルを積んだ車で益城町の避難所にボランティアに来ていた株式会社Looopの作業班に手筈を教わりN様邸の太陽光も無事に依頼を完遂致しました。

それから、代理店として「Looopでんき」の取扱いを始め、「太陽光発電」AI搭載蓄電池の「Looopでんち」は発売当初から熊本県内で積極的に販売し、初年度は熊本県内で一番の販売台数を記録致しました。弊社「スマートハウス推進事業」と重なるサービスを展開しているLooop様のサービスを、これからも熊本県内で「Looopでんち」の一番の販売店としてして寄り一層精進̪仕手まいります。

​Portfolio

looophome_img
img_108363_1
img22
Screenshot_20190223-050351

Services

​Looopでんき

​サービス一覧

Looopでんち

​Copyright©Runa Co.,LTD.All Rights Reserved

​ルナアシスト株式会社

​〒862-0950

​一歩未来の生活をお届けします

​フラワービル401

​熊本県熊本市中央区水前寺3丁目2-14